舞台技術研究会Blog

明治学院大学舞台技術研究会のBlogです。活動報告やイベントの告知をします。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2013年L.M.S.新歓ライブ仕込み!  

夜分に失礼します。
会長の吉村です!

遅くまで起きてる人のための、
早起きした人のための、
ちょっとイイ情報。   (?)


4月17日、今日は
明治学院大学最大級の軽音サークル
L.M.S.さんの新歓ライブの日です!

当ライブでは私たち舞台技術研究会が
ステージ作りをさせていただいてます!


ひとえにステージ作りと言っても
開演前に機材を置くだけでは
舞台は完成しません。


ではどのように舞台は作られていくのか?


当日のライブをより楽しむために
舞台技術研究会、仕込みの様子を
ご紹介させていただきます。


4月16日、
一番早い課で集合は8:30
まず最初に山台、ステージを組み立てることから始まります。

これは演出課の仕事なのですが
いかんせん力仕事で男手も人手も足りず、
PA課、装置課の有志に手伝っていただきました。
本当にありがとうございます!


そして出来上がったステージはこちら!!!!



...と言いたいところですが
写真を撮りそびれました。
(自分の課なのに...すいません!!)


そして
次は照明課が動き出します!
演者さんを照らすライト、灯体を吊るします。



素の身長で灯体を吊るせる高身長の持ち主は
残念ながらブタ研には存在しないので、
このようにリフトを使って吊るします!


そして吊るし終わった後は
演者さんが立つ位置を決めて
そこに光を当てるために細かい方向修正、
前の記事もありましたね、「シュート」という作業をやります!

この通り自分の何倍もある棒を器用に使い灯体の方向を整えます。

当日はこの照明達がライブ中に
どんな輝きを放つのか...お楽しみに!

そして写真のライトから
煙が見えるのがわかるでしょうか?
この煙は装置課が扱う「アンタリ」という機械から放たれ、
光を際立たせるために必要不可欠です!

装置課はアンタリだけでなく、
舞台のデザイン、看板の作成など
趣向の凝らした活動が御覧になれると思います!


そして照明が整えば
PA課が活動をはじめます!

ライブイベントでは欠かせない
音の調整をします!

ひとえに音作りといっても、
大きなスピーカーをドン!と置くだけでは
いい音はできません。

お客さんに聞いてもらう音を主に管理するハウス班、

チューニング中ですね。


演者さん、ステージに立つ人に向けて音を作るモニター班、


ステージ上の機材の転換、演者さんのサポートを担うステージ班、


このようにPA課の中でも
3つの班に分かれて
最高の音を目指します!




ブタ研では、
機材という大きな物を扱うので
舞台づくりには搬入や設置の順序を
考慮することが必須と言えます。
そのため綿密なスケジュールを練り、
それぞれの課の活動がパズルのように重なりあって
舞台は完成します!

課によって活動は異なりますが、
メンバー全員の気持ちはひとつ、
イベントの成功です!


当日の主役はもちろんL.M.S.の方達です!
しかし興味があればぜひブタ研の活動にも注目ください。



開演は12:30
僕もライブ楽しみです(^^)

ではでは。
スポンサーサイト

category: 紹介

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://butakenmg.blog101.fc2.com/tb.php/52-45d7eb09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。